イギリス・ロンドン&近郊にあるおしゃれ観光スポット

雨の日に出掛けたくなる街:ロンドン。

物価が高いですが、交通の便もよく、人気のショッピングエリアでショッピングしたり、できます。

移動は赤いバス

1130_13

ロンドンに着いたら、トレードマークの赤いバスで市内を回りましょう。24時間〜72時間有効のチケットを買えば、その間は乗り降り自由。夕食後に主要観光スポットの夜景を見ながら乗るのもおすすめです。

市内観光のもう一つの方法が、「テムズクリッパー」。ロンドンっ子も利用する水上バスです。川から見るロンドンアイやビッグベンは、違う印象を与えてくれます。渋滞がないので、通勤時間におすすめ。春秋は川風で冷えるので、防寒着を忘れずに。

 

絶景が見れるレストラン

1128_12

ロンドン全景を見渡すのにおすすめなのが、「スカイ・ガーデン」。「20フェンチャーチ・ストリート」の屋上に設置された全面ガラス張りのラウンジです。レストランを利用すれば、予約なしで入れますので、コーヒーを飲みながら、ロンドンの大パノラマを満喫しましょう。

 

 映画の舞台になった高級住宅街で食べ歩き

1202_16

1202_17

映画「ノッティングヒルの恋人 」の舞台となった「Notting Hill地区」。ロンドンを代表する高級住宅街です。素敵なブティック、高級ブランドのアウトレット、美味しそうなサンドイッチカフェがある地域です。毎週土曜には「Portobello Road Market」という、アンティーク市場が開催され、王宮にありそうな銀食器が手に入ります。食べ物屋さんも多いので、食べ歩きに最適。住宅街に止められたクラシックカーも見どころ。横道に入れば可愛い家が立ち並びます。

 

プロも訪れる市場で食べ歩き

boroughmarket

プロの料理人も訪れる「Borough Market」。その場でビールやワインを飲み、スペイン、フランスの美味しい食材を食べて、、、子供のようにワクワク探索できます。食の趣味合わない友達と行っても、それぞれ楽しみが見つかりますよ。ちなみに、映画「ブリジッド・ジョーンズの日記」にも登場しました。開催は毎週木曜〜土曜。

 

日本にはない激しめの絶叫マシーンを堪能

1127_52

欧米の絶叫系遊園地はスリルが別次元。ロンドン近郊には、Alton Towers、Thorpe Park、Chessington World of Adventures、Warwick Castle、Legoland Windsorがあります。

 

高級レストランでイギリス風アフタヌーンティーを堪能

0929_26

イギリスはアフタヌーンティーの本場。ロンドンで一番高級なのが、「The Savoy(ザ・サボイ)」や「The Ritz」のアフタヌーンティー。正装は必要ありませんが、カジュアルすぎる服(サンダルやTシャツ)では入れません。食器やディスプレイも繊細なので、写真をたくさん撮ってしまいます。優雅な空間で、至福の一時をどうぞ。

 

レアなレコードを手に入れてみる

1128_45

1128_46

イギリスは「ビートルズ」発祥の地。UKロック好きにおすすめしたいのが、「Rough Trade(ラフトレード)」というレコードショップ。ニューヨークにも進出している、英国内最大級のレコード店です。店内には、レコードとポスターが所狭しに飾られていて、見るだけでもテンションが上がります。

 

子連れなら、ロンドン自然史博物館へ

1127_46
1128_9
ロンドン自然史博物館では、巨大な恐竜の標本や、クジラの実物大展示が見れます。しかも入場無料!大英博物館の方が有名ですが、こちらの方がお子さん受けすると思います。子供連れにおすすめ。

 

ハリポタの舞台を見る

1130_10

ロンドンには、ハリーポッターの舞台がたくさんあります。

まずは、オオックスフォード大学の学生食堂「クライストチャーチ」。映画「ハリー・ポッター」でお馴染みの食堂です。しかもお昼以外は自由に見学できます。有名大学を訪れたら、子供の刺激にもなるかもしれません。アクセスはロンドンから列車で1時間。

 

ロンドンからケンブリッジ大学に行く場合、ハリーポッターが汽車に乗った「King’s Cross駅」で列車に乗って行きます。ハリポタファンにはたまりませんね。ケンブリッジ大学は、川に沿って建てられているので、遊覧船で運河めぐりができます。特に夕方はライトアップが美しい。しかも、船頭はケンブリッジの学生のアルバイトが多いので、大学生活について聞けちゃいます。アクセスはロンドンから約1時間。

 

ロンドンからすぐ行ける、イギリスの田舎風景

cotswolds

イギリスらしい田舎町が集まる「コッツウォルズ地区」。コッツウォルズストーンと呼ばれる、ハチミツ色のライムストーンを使った建物群が印象的。6月〜8月には一面にラベンダーが広がります。アクセスはロンドンから車で約1時間。

 

超高級ホテル

rosewoodlondon
落ち着いた「紳士淑女」にぴったりなホテル「Rosewood London」。オックスフォード・ストリートから徒歩わずか5分で、美味しいレストランや百貨店が歩いていける場所にあります。深めの浴槽なので、ゆったりお風呂に入れます。さすがに高い(汗)。ハネムーンの思い出づくりにぜひ。

 

女性におすすめのイギリスお土産リスト

Burberryのコートとマフラー
Clarksの靴
The Body Shopの基礎化粧品
Marks&Spencerの洋服
Wedgwoodの食器とお茶
Whittardのお茶
NO7の化粧品
LUSH
Topshop(トップショップ)のビキニとジャケット
Radleyのバッグ
イレギュラーチョイスの靴。
Ted Bakerのアクセサリー

ロンドン観光情報

  1. 日本からのアクセス:直行便で約12時間。
  2. ベストの旅行シーズン:GW明けの5~7月。4~5月はイースター休暇で混みますし、7月に入ると夏休みでまた混みます。ただ、クリスマスのイルミネーションを楽しむのもいいでしょう。