エストニア共和国・タリンのおしゃれ観光スポット: 北欧の町で雑貨漁り!

バルト3国の一つ、タリン。フィンランドのヘルシンキから高速船で約1時間半・またはフェリーで約3時間でいけます。

13世紀にデンマーク人によって建設された都市です。ヨーロッパにしては物価が安いですが、最近ユーロを導入しているので、バルト三国の中では相対的に物価の一番高い国です(ちなみに、一番安いのはリトアニア)

北欧旅行のついでに日帰り観光もできますが、できれば一泊したいところ。

 

街全体を見渡す

トームペア城から街全体を眺めてみましょう。支配者や貴族の居住区であった山の手(トームベア)や、庶民文化が残る下町、赤い屋根と塔が並ぶ旧市街を一望できます。ちなみに、タリンで一番高い建物が「アレクサンドル・ネフスキー大聖堂」。ロシア正教寺院で、玉ねぎ屋根が目印です!

 

タリン歴史地区を散策

街中にある石橋をくぐれば、貴族の住まいを守る城塞跡、ロシアのツァーリ時代や、旧ソ連の面影が垣間見れます。見たい場所を地図にマーキングしてから歩き始めると、同じ場所を何度も通らずにすみます。

タリンの住宅は、ハンザ同盟の法律に従って、正面が道路に面するように建てられています。また、住居の屋根裏は倉庫としても使われていたため、上部にクレーンがついていることも。観光に夢中になって石畳の道につまづかないように!

夏には、「旧市街の日」と呼ばれるイベントが開かれます。「ラエコヤ広場」などで、中世をテーマにした舞台が上演されていたりします。

 

かわいい北欧雑貨

エストニアは北欧だけあって、北欧雑貨屋さんがたくさん!パステルカラーの建物、オシャレな看板が目印です。手編みのぬいぐるみ、ブリキのおもちゃ、フェルト製のネコのぬいぐるみ、ロシアの影響が見られるマトリョーシカなど、買わずにはいられません! ロシア人が出店していることも多いため、旧ソ連時代のアンティークに出会えます。

 

無形文化遺産になった「歌と踊りの祭典」

無形文化遺産になって、5年ごとにタリンで開催される祭典。旧市街から約7㎞の道のりをパレードし、その後に歌の祭典が続きます。ソ連の支配下にあった1988年には、30万人が集まり、当時禁止されていたエストニア語で民族音楽を合唱しましたため、「タリンの歴史を動かした合唱」と言っても過言ではありません。

 

エストニア料理を堪能

タリンには、デンマーク人、スイス人、ロシア人が住んでおり、ドイツの影響も受けています。なので、地中海料理、ロシア料理、エストニアの創作料理などかなり種類豊富。シーフードも安い!

観光地は避け、こじんまりとした中庭つきのレストランで食べてもいいし、物価が安いので、豪華なレストランで食べてもいいでしょう。

おすすめはタリン一番のレストラン「Rataskaevu 16(ラタスカエヴ)」

ぜひ試したいのが、スルトゥ(コラーゲンたっぷりの豚の煮こごり)、ヘルネ・スップ(豆とやベーコンのスープ)、カマ(穀物をすりつぶしたデザート)、クリンゲル(レーズンやナッツの入ったドイツ風のパン)、カーシャ(穀物粥)、イワシ料理、ザリガニ料理など。

 

タリン観光の基礎知識

  1. 日本からのアクセス:ヘルシンキ経由やフランクフルト経由で、所要時間は16時間ほど。
    ちなみに、フィンランド・ヘルシンキからはフェリーで2時間半でも行けます。
  2. 旅行ベストシーズン:夏6月~8月が、日照時間が長く、ベストシーズン。
    フィンランドよりかなり温暖。
  3. 治安:危険情報は出ていません。
  4. 英語が通じるか:都市部でよく通じる。