スペイン・バルセロナと近郊のおしゃれ観光スポット

スペイン第二の都市、地中海に近いバルセロナの楽しみ方を紹介します!

 

世界遺産「グエル公園」でバルセロナを一望

天才建築家・ガウディの傑作。バルセロナはガウディの活動拠点であったため、彼の作品が多く現存し、そのうち7軒もが世界遺産に登録されています。「自然の中にこそ最高の形がある」と信じていたガウディは、曲線の装飾が多用し、それまでと全く異なる建築を作り出しました。ここグエル公園は、「自然との調和を図った未来型の分譲住宅」として設計されたが、デザインが新鋭すぎたためか、悲しいことに、購入者がガウディ本人と依頼したグエル伯爵のみ(笑)。結局、市に寄贈され公園となりました。

 

ガウディの作品に宿泊してみる

実は、ガウディ設計の住宅に宿泊できます。バルセロナに一週間以上滞在するなら、「ツーリストアパートメント」がおすすめ。キッチンや洗濯機がついているホテルで、価格もお手頃。

特におすすめなのが、日本のテレビでも紹介された「ガウディズネスト」。なんと窓から「サグラダファミリア」が見えます!夕食を食べながら、サグラダファミリアのライトアップが見れるなんて、すごいと思いませんか?

 

 

ハネムーンに最適。サグラダファミリアの建設を数年後に見る

ガウディの作品で一番有名なのが、世界遺産である:「サグラダファミリア」。中に入るともっとすごい!今まで教会を十数個見てきた私でも感動しました。ぜひ自分の目で確かめてください。今も建設が続いているので、ハネムーンで二人で見て、数十年後にまた二人で訪れて、「あの時より建設が進んだね」って語りあうとロマンチックですね。

 

カタルーニャ音楽堂を見学

「ドメニク・モンタネール」設計のコンサートホール「カタルーニャ音楽堂」。過剰とも言える装飾とステンドグラスは、お祭り好きなスペインならでは。コンサートホールのみのガイドツアーもありますが、公演もおすすめしたいところ。演奏が終り観客が総立ちで拍手する様子は感動モノです。

 

カンプ・ノウ

スペイン2大スタジアムの一つ、FCバルセロナの本拠地です。(もう一つはレアル・マドリーの本拠地)。収容人数は10万人で、スペイン最大!

ぜひ試合を見てみてください。サポーターと一緒に盛り上がると国境を超えます。スタジアムツアーもほぼ毎日開催されていて、スタジアムはもちろん、記者会見ルーム、実況ルーム、選手のロッカールームも見れます。ちなみに、スタジアム内で結婚式をあげられます。

 

 

 

カタルーニャ美術館とマジカ噴水

1929年のバルセロナ万博の際に建てられた建物で、今は美術館として利用されています。高台に建っているのでバルセロナの町が一望できます。週末には噴水ショー「Font Màgica de Montjuïc」を見に多くの人が集まります。信じられないほど大きな噴水で、その規模は世界有数。スペイン広場から徒歩で行けます。

 

自由市場でスペイン食材を漁る

1127_35

バルセロナでおいしい&激安のスペイン食材を手に入れる自由市場「La Boqueria」。新鮮な食材を買えますが、一番の目当てはバル!フレッシュなジュースや生ハム、オリーブオイルを食べられます。値段は高めですが、その分美味しいのでおススメ!

営業時間10:00〜21:00。日曜は休み。

スペインの「バル=BAR」は、朝はコーヒー、夜は「タパス」と呼ばれる小皿料理をつまみにお酒が飲める、カフェと居酒屋が一緒になったような自由な空間です。特に賑わうのは夜。夕食は午後9時から11時と遅いので、夕食前に小腹がすきます。そこからが、“Tapeo”(バルにタパスを食べにいく)の時間。バルはそれぞれ自慢の料理を用意してスタンバイしていますから、個性豊かなバルを一晩に何軒も“はしご”をして楽しむのがスペイン流です。

スペインバルの楽しみ方より

 

 

パエリアを頬張る!

0928_18

ユネスコ無形文化遺産にも登録されているスペイン料理。ギリシャやイタリア料理などの料理と同じく、ニンニク・オリーブオイル・海・山の幸がふんだんに使っています。トライしたいのが、「Cuttlefish Risotto(スミイカのリゾット)」です。スミイカの風味は独特で、身もスルメイカとは違った美味しさがあります。

他にも主食は、パエリア(Paella)やトルティーヤ(Tortilla)。夏は、トマトを使った冷たいスープ「ガスパチョ (Gazpacho)」がおすすめ!野菜たっぷりなので、旅行に最適です。デザートには、「アロスコンレチェ (arroz con leche)」がおすすめ!シナモン、バニラが入っているので、とても美味しいです。

 

ロンダに日帰りで行ってみる

絶景を楽しみたいなら、断崖絶壁に建つ村「ロンダ」。断崖絶壁に建つ白い家は、荘厳の一言。狭い道を散策するのが醍醐味で、旧市街と新市街を結ぶヌエボ橋が見どころです。

<バルセロナからのアクセス>
バルセロナから飛行機で1時間ほど。

 

スペイン随一のショッピングストリートで買い物

バルセロナでの買い物でおすすめが、「Passeig de Gràcia(グラシア通り)」。日本の銀座のような通りで、おしゃれな店舗が並びます。ガウディ建築:カサ・ミラも見どころ。スペイン発のブランドをまとめました:

  1. ZARA(ザラ):日本でも流行のファッションブランド
  2. Oysho:セクシーでお手頃な下着ブランド。
  3. Tous:アクセサリー
  4. Kokua:手作りのぺったんこくつ

 

バルセロナ観光の基礎知識

  1. 日本からのアクセス方法
    直行便はなく、ヨーロッパの主要都市(フランスやイギリス、ドイツ、スイス、オランダ)で乗り継ぎます。所要時間は約18時間。
  2. ベストの旅行シーズン
    年中温暖で過ごしやすいですが、春と秋が特に快適。
  3. 治安
    日本に比べてスリや引ったくりは多いです。旧市街(ゴシック地区・ボルン地区)や、ひと気のない路地を歩く時は、昼間でも気を引き締めましょう。
  4. 旅行者の市内での移動
    メトロと徒歩でだいたいの場所へ行けます。バスもありますが、路線が複雑で、アナウンスがスペイン語なので上級者向け。