中国・重慶とその近郊のおしゃれ観光スポット:千と千尋気分で激辛鍋?!

四川省のもう1つの中心都市:重慶。三国時代は「巴」と称され、武を重んじる文化があります。四川市と比べたら観光名所は少ないですが、2〜3日は遊べます。重慶のおしゃれ観光スポットを紹介します。

世界遺産にもなった絶景

世界遺産に登録された「武隆カルスト」。あの「トランスフォーマー4」の撮影場所で、野生動物も生息しています。結構大きく、一通り回るのに五時間は必要でしょう。重慶からのアクセス:鉄道またはバスツアーで片道2時間半くらい。

 

洪崖洞で激辛重慶料理を頬張る!

0917_33

0917_32

2006年に建てられた観光名所。「千と千尋の神隠し」の油屋みたいな建築でしょ?「巴渝」と呼ばれる高床式の古い建築様式です。レストラン、ショッピング、劇場、ホテルが入っており、おすすめはここでナイトライフを楽しむこと。

0917_30

nabe

重慶の夏は灼熱なので、B級グルメも激辛!体の湿気を取り除くために激辛料理を食べます(このロジックはよくわかりませんが)   一番人気は、重慶発祥の火鍋。たっぷりの唐辛子、花椒、ニンニク、 生姜を鍋底に使います。他にも、「酸辣粉(スァンラーフェン)」という酸っぱくて辛い麺や、「毛血旺」という鴨の血(!)を煮込んだ激辛料理、揚げパンのような「陳麻花」、好きな具材を激辛のスープで煮込んだ「麻辣湯(マーラータン)」、少量の野菜を入っただけのシンプルな「重慶小面」が人気です。

 

長江索道で長江横断

長江にかかる全長1166mのロープウェイ。1987年に作られたので、いろんな意味でドキドキです。乗り場は古ぼけたビルの中にあるので、ちょっと見つけにくい(汗)。

 

重慶兩江國際影視城(民国街)で中国の1940年代にタイムスリップ

民国時代(1940年代)の重慶を再現した場所。主に映画撮影に使われますが、一般公開もされています。住宅、法律事務所、ホテル、銀行などの建物が並び、大人でも楽しめます!映画館では、ここで撮影された映画も見れます。

重慶の観光情報

  1. 日本からのアクセス
    直行便で6〜7時間。北京や上海等で乗り継ぐこともできます。
  2. ベスト旅行シーズン
    春と秋。重慶は武漢、南京と共に「中国三大かまど」と呼ばれるくらい、夏は灼熱なので、通気性のよい服、日傘や帽子やサングラスを準備していきましょう。冬は極寒にはなりませんが、厚手のコートが必要です。