ブルネイの観光スポット:水上集落で地元民の生活を見て高級リゾートを激安で満喫?


東南アジアと行ったら、ちょっと薄暗くて汚いイメージがありますが、

そんなイメージを見事覆してくれるブルネイ。

豊富な石油・天然ガスが、高い所得を実現しています。

清潔で英語もよく通じる、女性の一人旅にもおすすめの国。

そんなブルネイの首都バンダルスリブガワンを中心に、おすすめの観光スポットを紹介します。

 

ブルネイのおしゃれ観光スポット

アジア最高のモスクの1つ

イスラム教国であるブルネイ。見どころの1つが、宗教施設。写真は「アジア最高のモスクの1つ」と称される、王立モスク「スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク」。白いモスクと周囲の湖のコントラストが美しく、夜も幻想的にライトアップされます。ただ、観光客が中に入る時間が限られており、女性は入る時髪を隠さないといけません。
 

 

王室所有品の博物館

王室所有の宝物を市民に無料公開している博物館「ロイヤルレガリア」。太っ腹ですね。黄金の玉座やスイスから送られた高級腕時計、王様の戴冠式で使用された衣装など、全部見るなら半日はかかります。

 

 

ジャングルを探検

国土の6割が熱帯雨林で覆われるブルネイ。そこでおすすめなのが、国立公園「ウル・テンブロン・ナショナル・パーク」でのジャングル体験。空を覆うような熱帯植物の間を、水上タクシーやロングボートで進むんだり、鉄塔を登って壮大な熱帯雨林を眺めたりと、、、非日常が体験できます。できれば1泊して、ゆっくりジャングルトレイルやカヤックを楽しみたいところ。特別な昆虫や動物はありませんが、手付かずの自然を楽しめます。
 

 

世界最大の水上集落

世界最大の水上集落である「カンポンアイール」。住人はなんと2万人!中にはモスク、カフェ、学校まであり、電気水道も完備されています。ボートで路地のように入り組んだ高床式の住宅の間を進むのは結構スリリング。ブルネイ人のお宅訪問ができるツアーがおすすめ。

 

 

ブルネイのローカルフード

活気あふれる「ガドン・ナイトマーケット」では、ブルネイのローカルフードが体験できます。ぜひ試したいのが、牛肉をココナッツミルクと香辛料で長時間煮込んだ「ルンダン」、ココナッツミルク風味のごはん「ナシレマッ」。開始は夕方5時頃~。

 
 

7つ星の豪華なホテル

ブルネイのホテルはヨーロッパに比べてかなりお買い得。しかもゴージャス。写真は7つ星の「エンパイア・ホテル」。大理石と金をふんだんに使い、ゴルフ場、映画館もあります。しかもなんと1泊約2万円。ドバイの7つ星ホテル「バージュ・アル・アラブ」が一泊15万円なのを考えると、かなりお買い得です。

 

 

ブルネイの基礎

  1. 日本からのアクセス:日本からは香港経由やシンガポール経由で、所要時間は8~9時間。
  2. 旅行ベストシーズン:最も雨の少ない2月〜4月。
  3. 治安:治安がよく、熱帯特有の感染症もあまり報告されていません。ただ、イスラム教国なので、ノースリーブや短パンなど肌が露出する服装は控えた方がベター。
  4. ホテルの相場:5つ星ホテル:200ブルネイ・ドル、3~4つ星ホテル:80~90ブルネイ・ドル、安宿:15~40ブルネイ・ドル
  5. 英語が通じるか:英語は広く通じます。